2018年 第31回 東京国際映画祭 特別招待作品

    

心を無くした彼女は、身体を無くした彼と、旅に出る

主人公の史織は、祭りの太鼓奏者であったが、教育に厳しい母親との葛藤から自分自身のやりたいことを見失ってしまう。
故郷にいる祖母の入院をきっかけに鹿児島を訪れ、その道中で分身ロボットと出会う。
史織は、神秘の島・屋久島で困難やトラブルに見舞われながら、自分自身の心を探す旅に出かける。

あまのがわについて

What's amanogawa

STORY

「踏み出す勇気が、自分を変える」をテーマに、親との葛藤に悩み不登校となる女子高生が、全身が不自由な青年の操るロボットと旅に出るという物語。舞台となるのは、来年、明治維新150周年を迎える鹿児島、そして世界遺産の屋久島。お互いに異なる境遇の二人が如何にして困難を乗り越えるのか、欠けている部分を助け合っていくのか、誰かのために自分が行動するという「志」の大切さを描いて参ります。

ストーリー

CAST

主人公・史織を演じたのは、本作が映画初出演で初主演となる福地桃子さん。相手役で下半身が不自由な青年・星空を演じるのは、仮面ライダーゴーストで話題を呼んだ柳喬之さん。史織の母親役に生田智子さん、星空の母親役に杉本彩さん、史織の祖母役には水野久美さん他、吉満寛人さん、西田聖志郎さん実力派俳優、住岡梨奈さん、マツモトクラブさんなど個性派な俳優陣が本作に名をつられて下さいました。今後、未発表の出演者が今後順次公開されていきます。

キャスト

STAFF

犬猫の命の問題を扱った初監督長編映画「ノー・ヴォイス」で好評価を得た古新舜の長編映画第二作目。屋久島・種子島・桜島の雄大な景色を舞台に、登場人物たちの葛藤や成長を、4Kカメラやドローンを駆使して撮影を行います。撮影監督・陣ヶ尾達也による、緻密で繊細なカメラワークが大自然の機微をしっかりと抑えていきます。監督が大切にしている助け合いの精神で、スタッフ間が絶妙な連携を取り、この作品でしか見られない感動を生み出していきます。

主要スタッフ

主演・史織役に福地桃子が決定!

本作の主人公・琴浦史織役に、福地桃子さんの起用を決定いたしました。
本作は、2014年に監督の古新舜が企画以来3年間の取材・構想を重ねて参りました。
来年『明治維新150周年』を迎え、舞台・鹿児島の雄大な自然、人の温かさをベースに制作をしていきます。
西郷隆盛さんが大切にした、《社会を変える志》、《一人ひとりの踏み出す勇気の大切さ》を、時代を越えて日本全国へ伝えていく。
その想いを本作に込めて発信して参ります。他、実力派俳優陣の出演が予定されています。

教育熱心な母親からの押し付け、同級生の自殺を機に不登校に。

史織は、教育熱心な母親の聡美から、こうあるべきという理想を押し付けられてしまい、大好きな太鼓を叩けなくなってしまいます。同じ時期に、同級生の自殺があり、心を無くし不登校となってしまいます。自分が一体どこに向かって生きているのか、進むべき姿が分からなくなり、心を閉ざしてしまいます。

テクノロジーの進化の中で、人間が大切にするべきものは何なのか?

テクノロジのの進化により、世の中は益々便利になっています。人工知能など、人間にはできない役割を担う技術が浸透する中で、人間らしさとは何かを本作では問いかけます。古来の大自然が残る屋久島、技術の島種子島を舞台に、生きていく上で大切な、人との出会いと協働の精神の大切さを伝えていきます。

ご支援

supporter

ご支援/ご協力

私たちの映画づくりにご支援/ご協力を頂いた企業様及び個人様をご紹介しております。

詳細はこちら

サポーターズ大募集

皆さんお一人お一人がこの映画の生みの親として共に世に発信していきたく思います。

詳細はこちら

News Information

一覧

問い合わせ

contact